CentOS6のviではまったこと

Linuxの環境でファイルを操作するときには、viを使っております。
他にもEmacsなどがありますが、業務でviを使っているのでEmacsはあまりしならなくて。。。
Emacsも使ってみたいと思っているのですが。
さて、CentOS6になってviを使ったときに少しはまったのでメモメモ 〆(.. )

viでファイルの編集中にコメント記号(#)をコピペするとそのコメント以下の行が勝手にコメントに。
ほんとやめて欲しいわ使いにくいやんか。
詳しくはこんな感じになります。

-----
すでに入っているデータだよー
-----

上の情報に下をコピペしよう

# コメントだよーー
データ1行目だよー
データ2行目だよー
データ3行目だよー

勝手にコメントアウトされちゃった!!w( ̄△ ̄;)w

-----
すでに入っているデータだよー
-----
# コメントだよーー
#データ1行目だよー
#データ2行目だよー
#データ3行目だよー

 

取り敢えずvimrcの次の行をコメントにしてなんとかできました。

# vi /etc/vimrc
~
" filetype plugin on
~

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です